侍フォトグラファーA.Kentaの野望〜趣味を趣味として終わらせない生き方〜

休日趣味カメラマンA.Kentaが、初心者からプロを目指すストーリーです(未来)いろんな旅日記やその紹介をし、多くの人にカメラの楽しさを共有していけたらなと思います。【案内】撮影依頼等やブログ掲載写真の販売も受け付けています。詳しくはInstagramのDMまで

MENU

脱カメラ初心者!!A.Kenta流スマホ編

スマホでの撮影

今回は、脱カメラ初心者術として

一番利用率が高いであろうスマホでの撮影

についてのちょっとしたテクニックを紹介していこうと思います(^^)

基本的には、やはりほぼほぼデジタルカメラと変わりません。

もはや最近のスマホデジタルカメラに追随してくるレベルになってきています。

デジタル一眼レフもミラーレスも本当に楽しくてオススメなのですが、まずはカメラを撮る楽しさを知ってほしいという思いから今日は書いていこうと思います。

 

スマホ撮影ですが、

正直なところ、構図編の復習に近いかもしれません。もう少ししたらiphoneのカメラ機能を駆使するテクニックも話したいのですが何しろ私がiphoneにしたのが今月初めてなので、もうちょっと慣れてからにします笑

 

まずは、とりあえず三分割法を思い出しましょう。

三分割を思い出し、構図を考えましょう!

 

それでも微妙だなーって時は、やはり簡単なテクニックとしてはトリミングですね。

 

トリミングを駆使

やはりトリミングが一番楽な方法です。

まずは一例

▼トリミング前

f:id:k-akoi1019:20181017005443j:image

▼トリミング後

f:id:k-akoi1019:20181017005521j:image

どうでしょうか?少し印象深くなっていませんでしょうか?

あと、トリミング前は少し添木?がすこし重い気がします。

ちなみにこれはiphoneでの撮影です(^^)

 

iphoneポートレートモードがあるのでこれを駆使して少しF値を下げめにしています。

もう一枚

▼トリミング前

f:id:k-akoi1019:20181017005957j:image

▼トリミング後

f:id:k-akoi1019:20181017010019j:image

こっちはそこまで変えてないですが、トリミング後の方が主題である花が強調されていると思います。

こっちの写真の場合、空の情景も少し残しておきたかったのであまり切り取っていません。

 

構図修正

また、これも構図編の復習という形になってしまいますが、ありがちの日の丸構図からの脱却ですね!!

 

例えばこの写真、

f:id:k-akoi1019:20181017010600j:image

これは思いっきり日の丸構図ですよね。その上、今回の場合非常に葉っぱの部分の印象が強すぎて主題である花がいい感じに見えませんね、、、

▼修正後

f:id:k-akoi1019:20181017011003j:image

どうでしょうか?今回はどちらもトリミングは行なっていません。三分割法を駆使して、その上でバックに副題として他の花を少し入るようにしています。空も入っているのも個人的には好きです。

これをトリミングするとすれば

f:id:k-akoi1019:20181017011640j:image

こんな感じですかね?

正直なところこの写真、ちょっとトリミング難しいですねー笑笑

もっといい感じにできそうな気もします。

人によってはトリミング前のほうが好きな方もいるかもですね。

ま、そういう部分は人によって感性の違いがあるので仕方ありません。

 

ダリア・コスモス祭り 

ちなみに今更ですけど

この写真達ですが、

今日は「なばなの里」へ行ってきたんですよね。 

今回の写真はそのダリア・コスモス祭りの写真です。

一応iphoneにせっかくしたのでスマホでも撮影ある程度してみようと思って軽く数枚撮影しておきました。

デジタル一眼レフのほうはレタッチが終わり次第、また旅日記編という形でブログに載せたいと思いますのでまた見てやってください。

▼ダリア達がいっぱいでした。

f:id:k-akoi1019:20181017012145j:image

▼これ個人的に好きな花です。

f:id:k-akoi1019:20181017012219j:image

この二枚は名前入れていません。

なばなの里、「ダリア・コスモス祭り」

もうすぐ終わっちゃいますが、

10月19日までやっているようです。ちなみに私の誕生日ですね。

宜しければ、今週の土日にお近くの方は行ってみてはいかがでしょうか?

 

このようにスマホでも、簡単なテクニックを駆使することで、

もっといい写真を作れると思いますよ!!

 

ただ、あくまでもこれはA.Kenta流ですので

一つの参考という形でかるーく読んでいただければいいと思います。

 

皆さんも一緒にカメラ撮影をもっともっと楽しみませんか?