侍フォトグラファーA.Kentaの野望〜趣味を趣味として終わらせない生き方〜

休日趣味カメラマンA.Kentaが、初心者からプロを目指すストーリーです(未来)いろんな旅日記やその紹介をし、多くの人にカメラの楽しさを共有していけたらなと思います。【案内】撮影依頼等やブログ掲載写真の販売も受け付けています。詳しくはInstagramのDMまで

MENU

番外編:A.kentaのカメラ旅日記~自然編~

旅日記

今回は初シリーズである旅日記という題材で書いていきたいと思います。

今日紹介したいところは、「付知峡」です!!

聞いたことある方いらっしゃるでしょうか?

もしかしたら、東海地方・主に愛知や岐阜あたりの人であれば、一度ぐらい聞いたことがあるかもしれません。

ちなみに私は、「奇跡の絶景に出会う旅」という雑誌を買って読むまでその場所を知りませんでした。

ただ、雑誌を見た瞬間すぐにでも行きたい!!!って思うほど絶景だったのです。

実際、私はちょうど次の日から連休だったので、雑誌見てすぐにホテル予約をしてカメラ旅に行くことを決めたのです。独りモンのなせる業である

ちなみに私をその気にさせた雑誌は今でも参考にしています!

 

 

1日目花フェスタ記念公園

付知峡は岐阜県中津川市にあります。

実際のところ、名古屋から日帰りでもいけないことはなさそうだが、朝の弱い私は目的地の近くの恵那峡という場所でホテルを取り、次の日に備えました。

一日目はというと、かねてからいつか行こうと思っていた「花フェスタ記念公園」へ行った。ただ、この日激しいほどの暑さでその時の目的であったひまわりもほぼほぼ拝めなかったのです。生きているひまわりを探して撮影はしたので、こちらに掲載させていただきます。

▼ひまわりフォト1

f:id:k-akoi1019:20181015212300j:plain

▼ひまわりフォト2

f:id:k-akoi1019:20181015204857j:plain

猛暑を耐え抜き、ホテルで適当に当日のレタッチをしつつ、次の日に備えたのである。

実は恵那峡もカメラスポットなのかもしれなかったのですが、軽く一枚しか恵那峡らしい写真をのこせていないので、とりあえず掲載しておきます。

恵那峡にて

f:id:k-akoi1019:20181015213814j:image

2日目付知峡へ

人が多く増える前に撮影がしたという思いから、一応早めに起きていざ付知峡へ!

早いと言っているが、実は8時出発とかなので大したことないです笑

そして、山道を抜けついに念願の付知峡へ~

私は新たに手にしていた三脚を自慢のカメラカバンに取り付け、向かったのです。

実は、三脚もこの時がデビュー戦でした。

いつかプロカメラマンの様に、糸のような滝をとってみたいと思ってたのです。

一番有名な滝の場所につくと、先客が一名。。。

カメラを見てみると、私とおなじsony α7R3でした笑

何やら親近感を勝手に感じましたよ笑

ここで撮影した作品が今までの中で一番好きな風景写真です!!普段風景はほぼ撮らんけど

▼滝!!

f:id:k-akoi1019:20181015213837j:image

ほかにも、滝ではないけどthe自然ってのを撮った写真もありますよ~

大自然

f:id:k-akoi1019:20181015213847j:image

f:id:k-akoi1019:20181015213938j:image

付知峡を堪能した後は、ちょっと似たような滝を見に行ってきて、

▼滝パート2

f:id:k-akoi1019:20181015214341j:image

その後、昔ながらの宿場町風景を切り取ってから高速を使って名古屋へ帰還したのであった・・・

▼迷いながらもたどり着いた宿場町 

f:id:k-akoi1019:20181015214003j:image

 

ひまわりの季節でだいぶ前の話になるけど、

やっぱり、カメラ旅行はたまにはするべきだなーって思います。

なんていったって、自然に触れて本当に気分が晴れるし、

趣味を存分に楽しむって素敵じゃないですか?

みなさんも、カメラを持ったらカメラ旅をお勧めしますよ~

 

ちなみに、滝を撮影する際シャッター速度を遅くしてとるんですが、当然NDフィルターなしだとかなりきついので購入をお勧めします。。。

よかったら、みなさんも滝の撮影行ってみて下さい~

マイナスイオンに癒されましょう!